バスケットボールはマサチューセッツ州スプリングフィールドのYMCAトレーニングスクールの体育教官でカナダ人のジェームズ・ネイスミスが考案したスポーツです。初めてバスケットボールの試合が行われた18911221日と、誕生からまだ127年しか経っておらずサッカーやテニスといった中世ヨーロッパに起源をもつと言われているスポーツに比べると比較的若い存在と言えるかもしれません。

 

 ただし、バスケットボールはこの127年の間に大きく成長を遂げました。競技人口は45000万人と言われ、2位のサッカー25000万人を大きく上回り、世界で最も愛されているスポーツと言われています。

 

 さらにその素晴らしさは競技人口だけではありません。それぞれの趣向に応じた楽しみ方があるのもバスケットボールを大きな特徴です。プレーをすることはもちろんのこと、観戦する、応援することなどが最初に思いつくことかもしれませんが、それだけではありません。

 

 バスケットボールをフィーチャーしたファッション、音楽、アートなどのサブカルチャーはすでにアメリカを中心に市民権を得ています。また『バッシュ(バスケットボールシューズ)』や『トレカ(NBAのトレーディングカード)』を収集するという趣味もバスケットボールから派生した文化の一つとも言えます。

 

 このようにバスケットボールの楽しみ方は千差万別。様々なアプローチの仕方があり、思い思いの方法で夢中になることで、バスケットボールは皆さんの生活の一部となっているのです。

 

 日本でも3年前にBリーグが開幕してから、チームがあるフランチャイズを中心に盛り上がってきました。特に今年の2月に男子日本代表が21年ぶりに自力でFIBAワールドカップ出場を決めると、各地のアリーナが満員になることも多くなりました。バスケットボールがテレビや新聞といった大手メディアに取り上げられることも多くなったと言えます。

 

 さらに621日にはNBAドラフト2019で八村塁選手が、日本人として初めて1巡目で指名を受け、ワシントン・ウィザーズに入団することになりました。そのドラフトの模様はRakuten TVTwitterで配信されたのをご覧になられた方も多いと思います。さらに指名の瞬間にはニュース速報が地上波でも流れ、多くに人の関心を呼ぶことになります。

 

 バスケットボールキングではバスケットボールを愛する皆さんと一緒にバスケットボールの話題で盛り上がろうと『バスケットボールキング ラボ』を誕生させました。これからはB(ビー)ラボと呼んでいただければと思います。バスケ好きが集まって、それぞれが愛するバスケットボールのジャンルで話を弾ませていただければと思います。そして会員の皆さんの交流にから、自分がまだ知らなかったバスケットボールの楽しみを発見することができれば、バスケットボールへの思いはどんどん深くなっていくはずです。

 

 今こそバスケットボールを楽しみましょう。

 

 Bラボはそれをサポートします。

 

バスケットボールキング編集長 入江美紀雄