今年の9月、愛知県豊川市にひとつのバスケコートが完成した

無料でバスケを楽しめるこの場所は、週末ともなる多くの人たちで賑わっている

ここではバスケ経験ある無しに関わらず、大人も子供もみんなが笑顔で遊べる最高の場所だ


こんな素晴らしい場所を提供してくれた恩返しに何かできないか、と考えた結果ひとつの答えが浮かび上がった


「そうだ!ゴミ拾いをやろう!」


時を同じくしてバスケで知り合った仲間達と「コロナ渦の中でも何かやれる事ないかな」と模索していた事もあってそれらが線で繋がった


ベースは数年前に宇都宮ブレックスのファンから始まり、徐々に他チームへ広がりを見せていた清掃活動である通称「スマイルアクション」


この活動昨シーズンまでは主にバスケの試合が行われる会場周辺を団体で清掃する活動だったが、コロナ感染拡大を危惧して「個人で無理せず気軽にできる」事を前提としたルールに変更し、Bリーグ5年目の開幕に合わせSNS展開を行った

画像に書かれている文面を読めば、この活動のハードルの低さは一目瞭然

ただしお願い事として「ゴミを拾った写真をハッシュタグをつけてSNS投稿する」となっている


もちろんSNSに投稿するのは"任意"なのでゴミは拾うけど投稿はしない、と言った選択肢もある


ただ、SNSにはポジティブな投稿もネガティブな投稿も少なからず自分に跳ね返ってくるブーメラン効果がある、だったらネガティブな投稿をして「倍返し」されるよりポジティブな投稿をして「恩返し」される方が自分にとって圧倒的にプラスに働くと思いこの活動に乗っかる事を決めた


個人ができる範囲は限られているが、自分にとってバスケを楽しめる場所を「少しでも綺麗な状態を維持していく」事は、多くの人の笑顔に繋がると信じている


笑顔は元気の源

その笑顔溢れる場所を増やしていきたい


#スマイルアクション

#バスケで日本を元気に

シーホース三河公認サポーターズクラブ

たつのコネクト代表 戸根義信