Bリーグレギュラーシーズンもいよいよ大詰めです。

コロナ感染の影響で中止となった試合の代替日程が次々と発表されてきて、暗中模索の状態から少しずつ先行きが見えてきました。


4/13現在のところ、中止の残り試合35ゲーム中、22試合分が代替試合の有無と日程が発表されています。


このうち、13ゲームが代替試合実施の予定が組まれて9試合が代替試合の実施をしないことが発表されています。未発表の試合は13ゲームです。


5/10までにレギュラーシーズンを完了すると言うスケジュールから、残りの日程から見て代替試合実施が可能なカードは限られてきます。


そこで、レギュラーシーズンの残り試合をシュミレーションしてみて代替試合を想定してみました。


上記は4/13現在で想定しています。

表のうち黄色箇所は予定が決定されたものです。


そうすると想定も含めて、残りの代替試合は35ゲーム中18ゲーム実施できそうです。


それでは、CSに行けるチームはいったいどこになるのか、残りのカードを含めて予想してみました。


CS出場出来そうな10チームの残り試合の全てを予想したのが下記の表です。


上記は4/13時点での想定です。


CS出場候補10チームの内60試合消化出来そうにないチームは千葉(57試合)東京(58試合)名古屋(58試合)大阪(53試合)琉球(56試合)

※( )内は予想した消化試合数です。


想定された残り試合数は(4/13現在)

宇都宮 8試合   千葉  12試合

渋谷  8試合   東京  11試合

川崎  8試合   富山  7試合

名古屋 8試合   大阪  7試合

琉球  8試合  となります。


【東地区順位予想】


1位 宇都宮 予想48勝 18敗 勝率80.00%

2位 千葉  予想42勝 15敗 勝率73.68%

3位 富山  予想40勝 20敗 勝率66.67%

4位 川崎  予想40勝 20敗 勝率66.67%

5位 渋谷  予想39勝 21敗 勝率65.00%

6位 東京  予想37勝 21敗 勝率63.79%



東地区は1位の宇都宮は残り8試合を5勝3敗のペースで勝率80%でそのまま1位は堅そうです。

2位の千葉も残り12試合に東京、渋谷、川崎、琉球の連戦があります。ここを1勝1敗。残り北海道、秋田、横浜に勝つと予想すれば勝率74%で2位になりそうです。



熾烈なのは川崎、富山の3位争い、渋谷、東京のワイルドカード下位争いです。


川崎は現在36勝16敗で3位、1.5ゲーム差で35勝18敗で富山が続き、渋谷は33勝19敗でさらに1.5ゲーム開いています。

そして東京は28勝19敗、渋谷から2.5ゲーム離されています。


残り試合が重要です。


川崎の残り試合がシビアです。宇都宮、千葉、東京、渋谷の各2試合を残しています。ここを5割の勝率と見ると最終的に40勝20敗になります。

一方富山の残り試合は北海道、秋田、宇都宮、新潟です。ここを北海道、新潟に連勝すると読むと最終的に40勝20敗となります。富山は川崎との直接対決では2勝2敗ですが得失点差で富山が上位にきます。



渋谷の5位はかなり可能性は高いのですが、残り試合は北海道、千葉、横浜、川崎で残り8試合を千葉と川崎に1敗ずつしたとすると6勝2敗でワイルドカード下位で初のCS出場です。


一方東京の残りは北海道、秋田、千葉、横浜、川崎、新潟の11試合です。相当タイトなスケジュールになります。予想はここを9勝2敗としました。

千葉と川崎に1敗ずつしかしないという想定でも、ほんの少し渋谷に届きません。


東京がCSに進出するためには、残りを10勝1敗で抜けることが最低条件になります。ただし、渋谷が横浜や北海道に連勝できなかったりするとグッと東京のCS出場の芽が出てきます。


【西地区順位予想】


1位 琉球  予想43勝 13敗 勝率76.79%

2位 三河  予想39勝 18敗 勝率68.42%

3位 大阪  予想34勝 19敗 勝率64.15%

4位 名古屋 予想35勝 23杯 勝率60.34%


西地区の1位は琉球でほぼ行きそうです。残り8試合を6勝2敗と考えました。

勝率5割超えのチームは宇都宮、名古屋だけです。

三遠、名古屋、滋賀には負けないだろうと予想します。


2位争いは現状三河が1ゲーム差で3位です。三河の残り試合は11試合、3位の大阪は残り7試合と考えられます。三河の残りゲームは勝率5割以上のチームは大阪だけです。大阪も三河だけです。お互い取りこぼしがあったとしても差は縮まらないでしょう。



名古屋は現状29勝21敗です。東京から1ゲーム差です。残り8試合のうち勝率5割以上のチームは琉球だけです。残り試合を6勝2敗と想定しました。ワイルドカードまでは残りを全勝しても届かないかもしれません。


バスケットボールは想定を超えるドラマが起こるから面白いものです。こうして結果を予想するのも楽しみの一つですし、想定を覆されるのも驚きを持ってたのしみたいと思います。


リーグ戦も残り数える程となりました。今からバスケロスが心配ですが、それまで思い切り楽しみたいと思います。

photo  MIH