オールコートのディフェンスをかいくぐり、軸丸がドリブルしながらデンソー陣内のフリースローラインを回り込んだとき試合終了のブザーが鳴りました。

ボールを持つ軸丸は目頭を押さえながら笑顔でチームメイトの円陣に加わったのです。   

2022年1月2日Wリーグ9週目、デンソーアイリス対東京羽田ヴィッキーズ第2ゲームは、79-74で最下位の羽田が15勝無敗のデンソーを敗る金星を挙げることになりました。
448104F4-A9DE-4E99-99C4-D3E16C75FBFC.jpeg 3.61 MB

シュート確率に課題を残したリーグ戦前半

1月1日元旦から代々木第二体育館で Wリーグの後半戦が開始されました。デンソーはそれまで14/24試合消化、羽田は12/24試合消化したところです。

昨年まで(12/26日)の羽田は1勝11敗、試合消化の関係で勝点が少なかったとはいえ、最下位という順位は羽田には屈辱的だったのではないでしょうか。

平均得点58.4点(13チーム中10位)平均失点76.2点(9位)、FG%は34.2%(10位)と不振に喘いでいました。

また、リバウンドも平均34.2本(8位)となっています。C秋元178センチ、PF尾崎177センチ、小笠原178センチとサイズで苦労していることは否めません。

しかしながら、スリーポイントは平均7.8本(4位)と健闘しています。小さいながら軸丸、本橋のアジリティと津村のドライブ、鷹のはしのスリーポイントなど戦えるところは見せていました。
EFA809C6-DE87-414C-B1E5-7FDDFEE9D193.jpeg 3.75 MB
課題は75点から80点取られてしまうディフェンスの強化と2ポイントシュートの確率のアップであるように感じました。

リーグ戦初戦の富士通戦では2ポイントシュートは6/33で18.2%の確率でした。スペーシングとボールムーブが噛み合っていなくて無理にドリブルでペイントアタックしては潰されていたという印象が残っています。

リーグ後半開始と共に羽田が軌道修正。

シーズン途中だと言うのに、どれだけ彼女たちは話し合って練習を重ねたのだろう。
萩原HCとスタッフはどれだけのデータ解析と検討をしてきたのだろう。

年明け1戦目のデンソー戦から羽田は大きな変化を見せてくれました。

1月1日元旦のデンソー戦第1ゲーム、71-80と負けはしましたが、羽田のマンマークのディフェンスはしっかりとついていたように見受けられました。

また、課題である2ポイントシュートの確率は22/34(64.7%)と大きく改善されました。FG確率もデンソーの48.6%に対し53.1%と上回りました。

しかし、デンソーは2戦ともキャプテン高田真希を欠いてはいる状況でしたが、赤穂さくら、ひまわり姉妹(共に184センチ)とアーリーエントリーのディアサン(187センチ)を擁してサイズでは羽田を圧倒しています。初戦のリバウンドはデンソー32本に対して羽田は21本と大きな差をつけています。
0B302A0F-5806-456C-95E6-DFE5C7A18E1E.jpeg 3.5 MB
また、ターンオーバーに至っては羽田から27本も奪っています。これが羽田の敗因の一つになりました。

ただし羽田は「これがなかったら」という可能性を感じさせるゲームを見せてはくれました。

無敗のデンソーからサプライズを起こした。

1月2日第2ゲーム。この日大番狂わせが起こりました。

第1クォーターはデンソーはさくらのローポスト、ディアサンを使ったピックプレーなど高さを生かしたプレーと稲井、高橋のスリーポイントで強さを見せます。

デンソーは高さに加えて、オフボールでダウンスクリーンやフレアスクリーンでコーナーからウィングプレーヤーをトップやウィングの位置に上げてフリーで持たせ、そこからスリーポイントやピックプレーを展開していました。
85CF717E-122D-4CDF-8A2C-7B87BA56242E.jpeg 3.2 MB
これに対して羽田ディフェンスは徐々にアジャストします。ボールマンにはさらに一歩詰めてタイトに守り、ローテーションを素早くします。

課題のリバウンドは全員で飛び込み、タップして繋ぐイメージを持つようにしているように感じました。
この日のリバウンドはデンソー39本に対して36本取っています。

一方、羽田のオフェンスにも進化が見られました。
DEA09167-BDDF-4852-9DF8-C7F521925E4B.jpeg 3.62 MB
「連動性のあるスペーシング」というべきなのでしょうか、オフボールで先ずヒトが動いてスクリーンをかけるなどしてドリブルやパスが始まります。ヒトが時計回りに右へ右へと空いているスペースに動いて埋めて行くと左にパスを出し、そこからカットしてペイントに入ったり、ドリブルでペイントタッチしてからキックアウトします。
キックアウトのスリーポイントは鷹のはし、小笠原、津村が確率良く狙います。

この日のスリーポイントメイクは10本です。リーグ1位の富士通の平均スリーポイント本数10.3本に迫る本数です。また確率も43.5%と高確率でした。

昨年から改善された点はイージーシュートが増えて、2ポイントシュートの成功率が上がったところです。
正月の第9週ゲーム2試合平均は59.2%(21/35.5)です。第8週ゲームまでの平均が40.4%(13.9/34.4)ですので乱暴に表現すれば確率にして18.8%、シュート本数にして約7本、約14点向上したことになります。

特に秋元、星澤のペイントエリアの得点確率が高くなっています。2ポイントシュートは第9週ゲームの平均で秋元が4/5(80%)、星澤が3.5/6.5(53.8%)です。
また、ドライブでは本橋、津村のアタックは変わらず効果的です。

なぜシュートの確率が上昇したのか、種明かしは萩原HCに聞きたいところですが、仮説を立てるとすれば、シュート技術がシーズン中、急に上がることは考えにくいので、タフショットが減ったと考えるのが自然でしょう。

勝ち試合のシュート確率が高いのは当たり前と考えられる向きもあるかもしれませんが、勝った試合だけでなく敗戦した1ゲーム目の2ポイントシュートの確率も上がっていることからフリーに近い形でペイント近くでシュートに持って行けていると考えられます。
4546552B-5757-496F-8061-65E2F3AB4D6A.jpeg 3.42 MB
一方、興味深いのは1ゲーム目と2ゲーム目の羽田のスリーポイント確率です。
負けた第1ゲームは26.7%(4/15)です。
これは第8週目ゲームまでのスリーポイントの平均26.1%(7.3/27.3)とほぼ変わりません。

ところが、勝った第2ゲームは43.5%(10/23)と大きく改善されています。

ここの違いは何か?
そこで両チームのポゼッションを出してみました。

第1ゲーム、デンソー76.6、羽田74.9。
第2ゲーム、デンソー70.16、羽田67.2

簡単に言えば第1ゲームはペースが早く第2ゲームは遅かったということです。

これが意味するところは、羽田は第1ゲームでは27本ものターンオーバーがあるなど相手のペースに引き込まれて拙速な攻撃であったのに対して、第2ゲームではヒトとボールをよく動かして時間をかけてトップやコーナーでフリーを作っていました。このためややスローペースになりますが、シュートセレクションが良くなりスリーポイントの確率が上がったのではないかと推測しています。

羽田はランアンドパスで次々とスペースを埋めてヒトとボールが良く動く魅力的なバスケットを展開していたのです。

後半は6点ビハインドからスタート。29-35
羽田の攻勢は小笠原の連続スリーポイントより始まりました。    35-35とすぐに追いつきます。

ひまわりにスリーポイントを入れ返されてもさらに3連続目の小笠原のミドルで羽田はペースを掴み、鷹のはしのスリーで逆転しました。40-38 。

ここから少しずつ差を広げて第3クォーターは56-48と8点リードで終えました。

第3クォーターと第4クォーターはじめに勝つために必要なこととはこういう泥臭いところではないかという羽田の選手の気持ちが伝わったシーンがあります。

第3クォーター残り4分27秒
デンソーひまわりがトップからスリーポイントを打ちます。これにさくらがリバウンドを掴み取りました。
着地したところに秋元、鷹のはし、津村が寄せてヘルドボールにしてセカンドチャンスを許しませんでした。
9C262268-FE6A-4461-8F65-21AE7B8BAAFC.jpeg 3.42 MB
第4クォーター残り9分35秒
尾崎がドライブからレイアップをしますが外れます。これを自らリバウンド。こぼれたところをキープしたところはまるでラグビーのモールのようです。
ここから本橋に出してトップでフリーの津村に展開してスリーポイントが決まりました。59-48

第4クォーター終盤はデンソーが意地を見せてオールコートでプレスをかけました。羽田はエンドインバウンズから連続でターンオーバーを犯してしまいましたが、勢いは羽田にありました。最後にはリーグ戦首位、皇后杯準優勝チームのデンソーに勝利しました。
D4BFD12E-478A-413F-B1B5-BBE3009D1EDB.jpeg 4.82 MB
課題のターンオーバー数はこの日は13本です。できればもう少し減らしたいところではありますが、前日の27本から修正したことで及第点でしょう。

シーズン前半に勝てずに苦しい思いをしていた羽田は強豪デンソーから勝利を得たという結果を出したことで立ち直りました。今後残り10試合、リーグ戦での躍進が期待されます。

photo by ちとからぁ