島根-アルバルク戦の翌日、トム・ホーバスHC率いる新生日本代表候補24名が発表されました。

そこに田中大貴の名前はなく、程なくして大貴のインスタグラムに

「次回の日本代表のメンバー発表がありましたが自分としては東京オリンピックまでと以前から決めていました。」

こんな書き出しの文章が掲載されました。

『大貴が日本代表を引退?』
ECB87279-6C79-4BF4-A414-6447CB050E2D.jpeg 964.8 KB
島根戦で見せた、ここぞという場面でのペリメーターショットや誓哉とのバチバチのマッチアップを見せてもらっていたので、代表でその姿が拝めないなんて想像すらできませんでした。

アスリートにとってオリンピックは大きな目標であり、そこに至るまでの道のりは険しく、特に東京での開催となればここに賭けてきた想いたるや想像するに余りあります。

しかしながら、大貴ファンの1人としてはもっと代表で世界と戦う姿が見たいとは思いますし現在進行形でそう思っています。
EA6F5771-DB37-4286-BBE5-E41C2E711D3F.jpeg 1.66 MB
2012年代表に初選出されてFIBAアジアカップに出場して以来9年にわたり日の丸を背負って戦い続けた田中大貴にまずは感謝したいと思います。

特にBリーグが開幕してからは代表活動とアルバルク東京の活動でオーバーワークをして無理をしていたことでしょう。

一旦リーグ戦のバイウィークで身体を休めて、今シーズンはキャプテンとしてアルバルクをあるべき場所に誘う事に専念していただき、私たちはそれを全力で応援して行きたいと思います。

大貴が「代表引退」を心の内に抱えていたと考えると、今シーズンアルバルクのキャプテンに志願したり、チームがピンチの時に見せた大貴の活躍は、代表活動を辞めるのと引き換えにアルバルクのリーグ優勝、天皇杯優勝を目標設定にして、決意してこれにに打ち込んでいるようにも見えてきます。

そう考えると、昨シーズンアルバルクのキャプテンを務め、今後代表で日本を背負うであろう誓哉との島根戦での激闘の中、大貴と誓哉は何か伝え合えるものがあったのかもしれないと推し計ります。

島根戦翌日、代表発表の日に潔く代表引退を示唆した大貴。

これは代表と引き換えにリーグ優勝を選択したのだなと私は捉えました。

その道もまた、険しい道です。
ともに見守って行きたいと思います。
D088F623-087E-4055-9E05-D9BE70FAEC6B.jpeg 870.75 KB
photos by kii